合宿免許のカリキュラム変更

合宿免許というのは、ドライビングスクールが提供している寄宿舎や、その他のホテル、旅館に泊まりつつ、最速日数での運転免許の取得をめざすためのプログラムであるといえます。そのため、自宅からドライビングスクールが遠くにあったとしても、寄宿舎などからであれば通学するための移動距離はそれほどありませんので、気軽に申し込みができるのです。


また、自宅からドライビングスクールへの行き帰りの交通費はたしかにかかるものの、プランの選択しだいでは、ドライビングスクールが負担を肩代わりしてくれることがあるので、交通費についてはあまり心配をする必要もないのです。



この合宿免許のカリキュラムについては、オートマチック車、マニュアル車、バイクなどの種類にわかれているのが通例です。マニュアル車の場合、合宿免許とはいつても、クラッチ操作や坂道発進などの技能はかなり特殊ですので、オートマチック車限定の場合よりも、だいたい2日くらいは卒業までの日数が余分にかかるものです。



そのため、合宿免許の申し込みをする時点で、どちらのカリキュラムにするのかを選択しておく必要があるといえます。

現在では、マニュアル車というのはほとんど見かけなくなっていますので、通常は卒業日数がより短くて簡単に卒業ができるオートマチック車限定でも問題はないはずです。


しかし、もしも最初にマニュアル車のカリキュラムを申し込んでしまった場合であっても、早い段階であれば、途中からオートマチック車限定に切り替えることが可能なこともありますので、相談をしてみるとよいでしょう。