合宿免許で難しいテクニック

合宿免許において最短で卒業するためには、きちんとしたドライブテクニックを確実に身に着けていかなければなりません。
初心者の運転でよくあるのは、真直ぐに走ることができないということです。


中央に寄ったり、左側に寄ったり、ふらふらしてしまいます。ハンドルを動かしているつもりはなくても、このようにクルマが右に左に動いてしまうのは、目線に問題があることが多いです。



初心者はつい、近くの目の前を見てしまうか、あるいは、逆に遠くを見過ぎてしまうという傾向があります。


そうすると、クルマを真直ぐに走らせるのが難しくなってしまいます。

路上では、前方を走るクルマを後部あたり見ながら、距離をはかりながら運転するとうにします。
また、バックで駐車場に入れる練習やクランクの練習も苦手です。


ハンドルを切るのが早すぎたり、あるいは深く切りすぎたりすると、思っている以上にクルマが大きく曲がってしまい、ポールに当ててしまったり、脱輪してしまったりします。


このような難しい運転は、合宿免許において練習を重ねて、慣れて、感覚で覚えるしかありませんが、慌てず、ゆっくり運転をするのが大切です。
どの時点でハンドルを切ると、どれくらいクルマが曲がるのかということは、合宿免許の教習コースを走りながら、自分なりのタイミングを覚えるしかありません。



これは実際に、たとえば自宅の駐車場にクルマを入れるのも同じです。



何度か繰り返しながら、コツをつかんでいくものです。