社会人が大阪のエステ専門学校に通う方法

2019年4月から公務員だけでなく、あらゆる職種で働く方に副業が認められる法律が施行されました。

より良い生活を実現するために、これから副業をお考えの方も大勢いらっしゃるでしょう。女性が選ぶ副業の中で、お給料はもとより自身の美意識も向上させられるエステティシャンが昨今注目を集めています。副業として社会人がエステティシャンを目指す場合、まずはエステ専門学校に入学して基礎知識と技術を学ぶ必要があります。多くの学校では、昼間に約5時間ほどの授業を実施して2年間で卒業を目指すスタイルです。

ところが大阪府内にある計46校のエステ専門学校のうち、12校では夜間コースも設けられています。夜間コースだと昼間働いている方でも、お仕事帰りに授業を受けられるので社会人でも通うことが可能です。1日当たりの講義時間は昼間部とは違って、3時間程度と短くエステティシャンとして必要な最小限の知識と技術しか学べませんが、その分入学金と授業料がお安くなるというのも特徴です。大阪だとエステサロンの数が多く、それだけ需要があるということでエステティシャンの育成にも力を入れていることが夜間部を設けていることの証と言えるでしょう。

エステ専門学校を卒業後、本格的にお店で働くには民間団体が実施している認定試験を受けて資格を取得することになります。夜間部では短い授業時間であっても、この認定試験に合格することを目指したカリキュラムが組まれているため試験に不利になるこということもありません。大阪近郊にお住まいで、副業としてエステティシャンを目指される方は、夜間部があるエステ専門学校に通えば昼間のお仕事と両立させられるひとつの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *